セキュリティ対策とは

IT機器へのセキュリティには盗難を防止するワイヤー(ケンジントンロック)などの物理的なものと悪意のあるソフトウェアからの攻撃や誤作動を防止・対策を行う理論的なセキュリティ対策の二つを導入する必要があります。しかし、物理的なセキュリティ対策は自宅でワイヤーを繋いで機器の防犯を防いでいるという方は少ないため、企業などで行われている事が多いですが、自宅では泥棒が入らないように家のドアや窓にカギを掛けることが同様の対策につながります。また、外に持ち運びして機器を利用するという方は「車に置きっぱなしにしない」や「肌身離さず持ち歩く」ことで盗難防止が行えます。これらの対策はパソコンなどのIT機器だけではなく貴金属や宝物などを守ることと一緒なので自宅での取り扱いは貴重品と同様に管理すると良いでしょう。物理的な対策も重要ですが、ITセキュリティで最も重要と言えるのは「理論的なセキュリティ対策」で、パソコンなどのように固形として形を有していないソフトウェアやプログラム、画像や動画などを脅威から守ることを言います。ここではどうしてセキュリティ対策が必要なのか、そしてセキュリティ対策をするにはどうしたらよいのかを学んでいきましょう。

『ネット会議』のオススメはここで決まり
http://jp.vcube.com/service/meeting/compete.html