セキュリティの脅威

企業には、顧客情報や営業情報、社員の人事情報などの守らなければならない重要な情報が多くあります。そして、今では家庭のパソコンでもアドレス帳や家計簿、ダイエットの記録の管理をしていたり、子どもたちの写真を保管している方も少なくないでしょう。これらの情報が消えてなくなってしまったり、他の人の手に渡ってしまい悪用されてしまうという事を考えてしまうだけで恐ろしくなりますね。しかし、これは遠い他人の話ではありません。いつ私たち自身に降りかかるか分からないのです。もしかしたら明日起きてしまうかもしれませんし、すでに起きてしまっているが気づいていないだけなのかもしれません。ここでは、地震や火事などの天災や機器の故障などで起きてしまう「物理的脅威」や操作ミスや紛失などといった「人為的脅威」、コンピューターウィルスや不正アクセスで起きてしまう「技術的脅威」について詳しく説明しています。