技術的脅威

技術的脅威とは、不正アクセスやコンピュータウィルスなどによる情報漏えいや情報の改ざん、破壊などがあげられます。そして、侵入者に勝手に操作されてしまったり、他のコンピュータへの不正アクセスの片棒を担いでしまうこともあります。良く聞かれるフィッシング詐欺では、電子メールなどを介して実在する会社の偽サイトに誘導され、個人情報を取られてしまいます。そして、情報流出のニュースなどでよく聞かれる、ファイル交換ソフトウェアというのは、インターネットを経由してサーバーを介さずに不特定多数のコンピュータと直接ファイルの交換ができるソフトウェアです。このファイル交換ソフトウェアは情報流出や違法コピーの著作権問題を引き起こすとして問題視されています。では、技術的脅威を防ぐにはどのようにしたら良いのでしょか。まず始めに思いつくのがウィルス対策です。ホームページを閲覧しただけでウイルスに感染したり、外部で使用したUSBメモリなどを介して感染することもあります。また、自分自身が知らない間に加害者になる可能性もあるので、ウィルス対策のソフトウェアを導入するなどしてウィルスに感染しないように気をつけましょう。そして、今ではコンピュータの世界でも電話の盗聴と同じように電子データを盗まれることもあるのです。キーボードで何を打ったのかというのが外部に漏れてしまうのです。知らない間にクレジットカードの請求書が届くこともありますので、インターネットカフェや公共のパソコンでは重要な情報を打ちこまないようにしましょう。誰でも使えるという事は、悪意のある人間が不正なプログラムを組み込んでしまうこともできるのです。

レンタルサーバー 専用の詳細はこちらに注目
http://private.gmocloud.com/

カルシウムの情報サイトはこれ