ユーザーIDとパスワード

コンピューターシステムにアクセスする際に使われているユーザー認証の中で最も幅広く使われているのがユーザーIDとパスワードの組み合わせを利用した認証方法です。ユーザーIDは、一度設定されると変更することが出来ませんが、パスワードは変更が可能です。というよりも、定期的に変更をする必要があるのです。何かの拍子にパスワードが他人に漏れてしまう可能性もありますからね。そして設定するパスワードは、誕生日や電話番号などの他の人に知られやすいものや同じ数字や文字の連続も他人に推測されやすいのでお勧めできません。そしてパスワードを紙に書いて保管する方も多いようですが、他の人に見られてしまう可能性もありますのでこちらもおすすめは出来ません。特にユーザーIDとパスワードを同じ紙に書いて保管するなんてもってのほかです。銀行のキャッシュカードに暗証番号を書いているようなものなので絶対にやめましょう。また、ユーザーIDとパスワードを他の人と共有するのもやめた方が良いでしょう。今では携帯電話でもパスワードで他人に中身を見られないような設定をすることが可能になっています。残念なことにいつどこで誰が情報を狙っているのかわからない世の中になってしまいました。これからは自分の身は自分自身で守るという考え方をしなければいけないのかもしれません。