ICカードとPIN

ユーザー認証をする方法に、ICカードとPIN(Personal Identification Number)という個人を識別する番号を利用した方法があります。これは企業が使用しているケースが多く、個人宅でこの方法を使用する方はほとんどいないでしょう。ICカードは社員証などを兼ねて使われていることが多くあります。会社へ出勤したら、ICカードを利用してエントランスの自動ドアや各部署へのドアを開け、自分のデスクに到着したらパソコンを立ち上げてICカードとPINを入力する。そうすることで出勤したというデータを送るというシステムを利用している企業もあるでしょう。ICカードとPINを使用したユーザー認証については、銀行などのキャッシュカード、クレジットカード、それにe-taxなどで税金の申告をする際にしようする電子証明書などにも使われています。また、最近では運転免許証にもICカードが入っていて本籍地などの情報を見ることが出来ます。ICカードは、高価で壊れると使用が出来なくなってしまったり、他の人と貸し借りが出来てしまいますが、身分証や入退室する際に自動ドアを開けたり、そのデータを保管したりすることが出来ます。また誰でも簡単に使えるのもメリットの一つです。

「VPS」を知るならこれが一押し
http://vps.gmocloud.com/