バイオメトリクス認証

バイオメトリクス認証には、二つの種類があります。一つは、指紋や静脈などの身体的特徴を利用したもので、もう一つは署名をする際のスピードや筆圧などの行動的特徴を利用したものです。身体的特徴での認証は、SF映画などでも見たことがある方も多いのではないでしょうか。指紋や掌紋、虹彩や網膜をチェックすることで自動ドアが開いたり、エレベータに乗ることが出来たりするものです。今では、携帯電話やパソコンを使用する時に指紋認証でユーザーの確認を行ったり、銀行のATMを利用する際に静脈ン人昌を行うというように、未来のシステムと思っていたバイオメトリクス認証もだんだんと身近な存在になってきたといえるでしょう。次に行動的特徴ですが、こちらはあまり知られていないので初めて聞いたという方もいらっしゃるかもしれません。この中でも最も知られているのが筆跡での認証方法です。こちらは、署名などをする際の筆跡はもちろん筆圧や書くスピードなどで本人かどうかをチェックするシステムです。しかしながら日本の文化ではあまり直筆で署名をすることが少ないのであまり普及していのが現状です。他にもパソコンのキーボードの打ち方などのクセでユーザー本人なのかを確認するキーストローク認証や話をする際の唇の動きで認証するリップムーブメントなどの行動的特徴での認証方法があります。これらのバイオメトリクス認証は、パスワードのような認証方法と違い他の人のなりすましがあまりできないものですし、ICカードなどでの認証方法のようにユーザー本人がICカードなどの器機を持ち歩かなくても良いというメリットがあります。しかしながら、映画でも知られているように他人の指紋を手に入れてなりすましたり、紙に印刷した虹彩画像で認証されてしまったりするケースもあるようです。また、本人であってもその日の体調や体のサイズが変わってしまうなどして、本人ではないと認証されない事もあるようで、今でもまだ新しく進化している発展途中の認証システムと言えるでしょう。バイオメトリクス認証は、装置が大がかりであったり運用コストが高額という特徴があります。完全になりすましを阻止するようなシステム開発や本人の誤認識、そして運用コストの改良することでより素晴らしい認証システムになるでしょう。

オススメサイト
http://vps.gmocloud.com/

こちらのサイトでは、健康になるための成分などを紹介しています。

WADAX
http://www.wadax.ne.jp/